50代リターンライダーのバイク日記

シブく!カッコよく! なんてムリ!(^^ゞ
50代リターンライダーのバイク日記

「おは玉・EPM」への大ぼうけ~ん! SR400のこと④

2016年12月04日の記事です。



リターンライダーになってみたら、
そのへっぽこライダーぶりに我ながら驚いています。


信号待ちでヘルメットに?マークを付けて、
首を傾げてるライダーが居たらそれはボクです(^^ゞ


さて、11月13日の日曜はクルマ趣味のほうの集まり、
ロードスターの「おはよう埼玉」と
横浜赤レンガ倉庫での「エキサイティングポルシェミーティング(EPM)」。


良いお天気で気温も20℃くらいまで上がるそう。
コレはチャンス!とばかりSR君で長距離&高速走行の大冒険へヽ(^o^)ノ
途中何かあったら誰か知り合いに助けてもらおうという魂胆です(^^ゞ



で、バイクでの気づき


その1. 荷物が積めない(^^ゞ

自慢のペイトンプレイスのセミダブルシートが台無しです(^^ゞ


その2. 料金所がたいへん。
さて、33年ぶりにバイクで高速を走るのですが、最初の問題は料金所です。
まず、首都高はクレジットカードが使えないって初めて知りました。
33年前はもちろんETCなど無かったので以前と同じと言えば同じですが、
1. 料金所の手前で安全な場所に停車
2. 右手のグローブを外してジャケットの左ポケットにしまう
3. 財布から現金を出してジャケットの右ポケットに入れる
4. 一般ゲートに侵入して停車しニュートラルに入れる
5. 支払いをしておつりとレシートをまた右ポケットに突っ込む
6. ゲートを出た後また左の安全な場所に停車
7. レシート飛ばないように右ポケット閉めてグローブはめて再発進。


忙しいです(^^ゞ。一般専用レーンだったらゆっくりやっても怒られないかな?
プレッシャーに弱いもんで(^^ゞ
ギアを入れたままエンジンを切って支払うのがバイクも動かず安全らしいのですが、
SRはエンジン切ったらキック始動なのでそれは厳しいです(^^ゞ


さらに最近はクルマのETC普及に伴い一番左がETC専用レーンも増えています。
車線を横切ることになりちょっと怖い。

料金所の前後で停まるのもホントはたぶんダメでしょうし、
停めれそうなわずかなスペースもない料金所もありました。
バイクにこそETCということで補助金が出るようですが・・・
ただ、料金所の方と「こんにちは」とか「気を付けて」とか、
言葉を交わせるのは良いですねヽ(^o^)ノ


その3. 高速道路上にて
1. 90キロ以上出す気がしない
SRで100キロは4,500rpmとなり一番振動が激しく、バックミラーは何も見えない。
色しか見えない。白や銀や黒いクルマは道路に溶けてさらに見えない。
2. 寒い
時速10km上がるたび体感温度は1℃下がるらしい。
寒いことに気を取られると危ないと思い冬の装備(のつもり)をしてたのに、
朝方はとっても寒かった。
3. 手がしびれる。
セパハンのSRに文句言うのがお門違いですが、
クラッチもアクセルも手が固まったような感覚で操作が難しくなる。
最初は寒くてかじかんでるのかと思ったけど振動が原因みたい(^^ゞ
4. 一方、風圧で上体が浮くからか、セパハンでも手にかかる荷重が軽減され楽ちん。
5. 左のバックミラーだけ風圧で内側を向く(^^ゞ
番外:ゲートブリッジが一番怖いのですが、防音壁の無い(低い)橋や高架は怖い。

    
4. 車線の真ん中を走ろう。
100キロ4500回転が苦痛なので、80-90キロ位でとっとことっとこ走ります。
何となく車線の中でも左から3分の1か4分の1くらいの場所を走っていると、
すぐ右横を抜かしていくクルマがいます。これは怖いです。
クルマ乗りの皆さん、
遅いバイク(クルマも)でも左車線をおとなしく走ってたらイジメないでね。



さてさて、このように苦労を重ね(笑)、
途中の渋滞もすり抜けなど怖くてできないし、
さらに余計なことで集中力を切らさないようにと、
PAごとにトイレ休憩をしながら「おは玉」会場に向かったら、
クルマなら普通1時間半くらいのところを2時間半かかりました。

途中のPAにて、バイク駐輪場に初めて停めたかも(^^ゞ


バイク日和はロドスタオープン日和ということで、

 

会場には40台くらいと大盛況でした。

ロドスタの友達が購入したばかりのWと。

自然にも似合うじゃないか!



さて、埼玉の北の方から横浜への移動です。

またまたゆっくりと休憩しながら、向かいます。


ナビは1号線(横羽線)を走れというのですが、この時点でガソリンが心配に。
SRで高速は初めてなので燃費がわかりません。
下道ならそろそろガス補給する距離です。
SR2型には燃料メーターもランプもなく、
でもまあガス欠になったら止まってリザーブに切り替えればいいのですが、
首都高の古い路線は停める路肩も無く怖いので道幅のある湾岸線を使いました。
結局横浜まで余裕で足りましたけど。(下道で20km/ℓ、高速で30km/ℓくらいかな?)


さて、横浜ではポルシェ

 

おそらく最も遅いEPMレポートブログ(^^ゞ

 

ほとんどどなたにもお会いできませんでしたが、皆さん遠路お疲れさまでした。

とりあえず行ったという証拠写真(笑)


帰りも33年ぶりの夜の高速走行で無事帰還。


バイクが来てから3か月700キロのうち、約300キロをこの日ノントラブルで走りました。
なんだか程よい疲労感と充実感。SR君ともうまくやっていけそうな気がしますヽ(^o^)ノ

頑張った、我ながらこの日は頑張った。SR君も頑張った。


走り方、止まり方、曲がり方、道路の状況、周りのクルマ、
いっぱい頭使わないとバイクでは上手く安全に走れない。
自然にできるのが理想だけど33年間で忘れたもんはしょうがない。

なんか上手くいかないな?怖いな…と思った時、
年齢のせいにするのか、じゃあどうしたらうまくいくのか考えてやってみるのか。
ボクは上手く安全に楽しく走れるようになりたいな(^o^)


…あれ?
でもなんで今更わざわざバイクで?


なんのために?


「バイクはバカにしか乗れん!」by ばくおん
…そうかも…