50代リターンライダーのバイク日記

シブく!カッコよく! なんてムリ!(^^ゞ
50代リターンライダーのバイク日記

キーウォレットとキーと練習と (SR400のこと⑥)

2017年03月07日の記事です。



世の中には「キーウォレット」という
便利なものがあるらしい(^o^)


キーウォレット=キーケース+財布。


小銭入れ部分にはETCカードも入るらしい。
なんだこれスゴイぞ!
これがあればETCの無いバイクでも料金所が怖くな~い!


ということで、バイク乗りには有名なデグナーさんの
「花山」シリーズのキーウォレットを購入しました。

木箱入り(笑)
牛革に京都の「金襴織物」な和柄です。
製品ごとに生地を切り取るので同じ柄は2つと無いそうです。

う~ん、思ったよりデカい気がする(^^ゞ 
柄もイメージとちょっと違ったけどまぁこんなものですかね(^^ゞ


さて、これにキーを付けるのですが、
わがSR君、実は「オリジナルキーが無い!」(゚Д゚;≡;゚д゚)
1本のカギですべてを施錠開錠出来るだけマシとも言えますが、
購入時についてきたのは、どこかのホームセンターで作ったようなスペアキー1本。

それとバイクガレージのセキュリティーキーとシャッターのカギがあります。
これらのキーを1つにまとめておきたくて、
今までは100均で買ったキーケースを使っていました。


せっかくキーウォレット買うから~ってことで、
ヤマハ純正ブランクキー(4HB-82511-09)を購入しました。


さてさて、ブランクキー持ち込みで合鍵から合鍵を作ろうとしたのですが、
キー持ち込み、しかもスペアからの合鍵作成・・・
自宅近辺のカギ屋さんにはことごとく断られました(^^ゞ


8年前にクルマのブランクキー持ち込みで合鍵を作ってもらった
新宿のお店だけが丁寧に対応してくれ引き受けてくれたので、
5日の日曜日、バイクの練習がてら下道でとっとことっとこ走って行きました。

丁寧な仕事で見事ヤマハの純正キーが出来ました(合鍵だけど(^^ゞ)


実際に付けて走ってみるとキーウォレットの大きさもそんなに気になりませんでした。

デグナーさんは基本「アメリカン」な製品なのでボク自身あまり興味がなかったし、
きっと正統派のカフェなSR乗りはこのようなキーウォレットは使わないでしょうが、
ボクは結構気に入りました。

小物にしろ、パーツにしろ、洗車にしろ、
「バイクに乗るのが楽しくなる」ってのは良いことですヽ(^o^)ノ



さて、
「練習がてら」とか「バイクに乗るのが楽しくなる」とか書いてきましたが、
相変わらず上手く(頭の中のイメージ通りに)運転できません。
というか止まるのが下手です(^^ゞ


信号とかで減速して極々低速から止まるのが下手。
半クラなのか前後ブレーキの配分なのか荷重のかけ方なのか・・・
決定的な何かを忘れている気がする。なのでこの日も一般道で練習です。

でも、一生懸命「どうすれば上手く安全に(カッコよく)バイクに乗れるか」
って考えて練習するのは初心者の頃のようでとっても楽しい!


もし上手くなっても慢心せず、「初心者」でいたいなヽ(^o^)ノ